実際に起業したいとき、どんな視点で自分のビジネスを探っていくべきだと思いますか?

前回、好きな仕事かどうか、稼げるかどうか、という視点からの仕事の選び方について触れました。よく質問がある項目なので、これについてはいろいろな方が取り上げていますので、ほかの方のアドバイスもご覧になるといいと思います。

けれど、私はどんなビジネスにするのかを決めるときには、好きかどうか、稼げるかどうか、という視点よりも大事なポイントがあると思っています。

 そのなかでも特に絶対に外せないポイントが3つあります。

 1 自分が価値提供できること

 2 市場に求められていること

 3 自分の進みたい方向性に合致していること

この3つのうちどれか1つでも欠けていると実際問題として厳しいのではないかというのが私の意見です。

いくら自分の好きなことでも求められていなかったり、長期的に見て自分の進むべき方向ではなかったとしたら、一度立ち止まって考えてみた方がよいでしょう。

逆に、自分がまったく起業しようなんて思ってもいなかったのにうまくいったという方は、この3つのポイントすべて当てはまっているように感じます。

あえて上記の3つには感情を入れませんでしたが、もし、自分の進みたい方向性に合致していて、自分が価値提供できることだとしたら、ほとんどの場合、そのビジネスはあなたの好きなことだと思います。(まれに例外はあるかもしれませんが・・・)

そうそう、書いていて思い出したのですが、私は翻訳者になれたらいいなと思ってカナダのバンクーバーに語学留学(貯金の都合上半年間の滞在が精いっぱいでした)しましたが、翻訳業界に転職してわかったことは・・・「私は翻訳者に向いていない!」でした。

転職して1週間もたたないうちに自分の性格が翻訳者に向いていないことがわかりました。

これはちょっとした衝撃でした。けれど、プロの翻訳者さんの仕事ぶりをつぶさに拝見して、「あ~、私はこんなふうになれないな。ものすごく努力すればなれる可能性もあるだろうけれど、そこまで努力もできそうにないな。」と思いました。

そして、翻訳者には向いていないけれど、翻訳コーディネーターには向いていることもわかりました。

その結果、翻訳コーディネーターとしてのスキルを活かせるので翻訳事務所を立ち上げた、ということです。

もし私が翻訳者として独立したらどうなると思いますか?

前述の3つのポイントに当てはめてみるとこんなふうになります。

■自分が価値提供できること

 → プロとしてのスキル習得に真摯になれないので腕がよくない。つまり、価値提供ができない。

■市場に求められていること

 → 高度な専門職として求められるので、ちょっと英語ができるくらいでは求められるレベルには達していない。つまり、求められない。

■自分の進みたい方向性に合致していること

 → 仮にがんばって注文をいただけるようになったとしても、売れっ子になればなるほど毎日パソコンに長時間向き合ってコツコツと下調べ&翻訳作業に没頭するのは性に合わない。英語は好きだけど、適度に外出もしたいし、アカデミックに物事を探求することに喜びを感じるタイプではないし、そんなにストイックにがんばれそうにない。つまり、目指す方向性が異なる。

ということで、私は翻訳者を目指さないのが正解でした。

どんなビジネスで起業するか迷っている場合には、自分の感情や短期的な視点だけではなく、上記の3つのポイントに当てはめて考えてみてくださいね。